ホワイトプランでいこう

モテたいやつだけ来い。俺をジャンプ台として使え

モアナとマウイはいい夫婦

旦那が出張だからさびしくて…

お腹いっぱい、カラオケいこうか

ありがとう、また会いたい

ーーー

ストリート(ナンパ)で知り合った女性の方とランチに行くことになった

人妻だが、お互い相性がよく話があい、ちょうど昼時だったのでランチにいくことになった

どこいく?

あ、俺いいとこ知ってるよ

そこ知ってる!!笑

彼女の旦那は出張中らしい。

小学生の娘がいるらしいが、やはり恋愛は人妻であったとしてもしたいのだ。

−旦那とはうまくいってないの。

彼女は体が弱く、だからといって旦那はあまりなにもしてくれないらしい。

旦那とは普段の会話もあまりなくなり、出張が決まったときは嬉しかったと思うほどだったらしい

ランチで決めたお店に到着した後は、よく会話が和んだ。

そしていつものパターンに持ち込む。

そしてデザートが出てきた頃に俺から提案をする。

カラオケ、いこっか

彼女も快くokしてくれ、店を出た後はお互い手を繋ぎながらカラオケへと向かう。

カラオケの暗い部屋で大人が二人。

彼女はIカップの持ち主(それくらいbig)だったので、ブラを外すのが手間取った

俺「おいおい、これのロック解除できねーや、場所の問題かな?」

妻「もう笑」

1時間もしないうちに僕らはカラオケを出て、場所を変えたところで二人ゴールした

その日はこの後俺の病院の受診のスケジュールがあったので彼女とはバイバイした

ラインがくる

今日出会えてよかった

また会える?

無論だ。

また会おう。

happy end

f:id:sirakaba3618:20190131215626j:plain

ー私、風俗嬢じゃない

彼女とは2回目のデートはネットカフェで映画をみることになった

俺は過去にもう何度も口実で使ったモアナを事前に借りておいた。

※モアナはアポを成功させる不思議な力がある、はずだった

俺はこしょこしょ声で伝える

「ね、静かにしながらしようよ」

俺はその日会うまでオナキンスカイウォーカーとなっていたので、肌と肌をふれあいたかった

だめだよ、ネカフェなんかでしたくない

じゃあさ、口でしてよ。

…私風俗嬢じゃない。

結局俺のお願いを聞いてくれてしてくれた。

ふぅ、じゃ、モアナ見ようか

何度も見てきたがやはりモアナは面白い

けど、彼女ちょこちょこ見ていたが、なんだかそっけなかった

ーーー

俺「今日モアナ面白かったね!初めて観たけどおもろかったわ〜」

妻「うん…」

彼女とは別れた

しかし、前みたいにラインがこない。てか、遅い。

ー 旦那が帰ってきた

もう会えないのかな?

俺はそう問う。しかしもうラインがこない。

後から確認したらブロックされていた。

バカだった

彼女だってれっきとした感情を持った人間だ。

自分ひとりの勝手な欲で相手を振り回した結果、最悪の結末を迎えた

俺は今まで今より非モテだったころは女性たちにひどい振る舞いをされた。

その時自分はどう感じただろう?

答えなんて決まっている。

俺は自分が今まで学んだことを一切忘れてしまっていたのだ。

申し訳ない、本当に可哀想なことをした

旦那さんとは幸せになってほしい。

心の中で俺のことは悪者として扱っていい。

ただ、本当に申し訳ない。

bad end

見た目の重要性と今後の課題

僕って今まで彼女いなかったんですよねー

やっぱ大学でミスると出会いってなかなかw

→芸能事務所所属のファッションモデルであるのが発覚し、その後女の子と闇に消えていった

そして俺は一人でネカフェとデートした

ーーー

最悪だった

とても最悪だった

その日ほど自分を強く呪った日はなかった

それは外見だ。

171cm 75kg 団子鼻 涙袋アンド二重なし

体型はだらしなく、はっきりいって最低のスペックだ

でも希望はあった

それは話す力、コミュニケーション能力アンドノンバーバルコミュニケーションである。

会話力やノンバーバルコミュニケーションには多少の自信があった。

でもあの日で全て打ち砕かれた。

ーー

紹介で新しい人とナンパに行くことになった

はっきりいって第一印象はかなりのイケメンだった。

しかし、彼自身出会いがなく、会話もできないと本人から伝えられた俺はできる限りの応援をしてあげたかった

自分は外見はよくないが、話したり、どう反応したりとそこそこ会話はできてる方だとその時までは思っていたからだ。

でも事件は起きた

二人でクラブに行き、女子大生二人に声をかけ、四人で話すことになった

でもね、彼は目をつけた子にある自己開示したわけよ。

俺、○○のファッションモデルなんだ

びっくりしたね。

何がびっくりしたって、そいつがモデルってのもそうだけど、俺に事前に教えてくれた情報全てデタラメだったわけ。

名前も大学も偽物だったし、自分が会話ができないって言ってたのにもうめちゃくちゃトーク力あって、隣の俺なんてゴミカス同然だったわけ。

いや、お前なにしにきたんだよ

でもね、嘘で塗り固められた情報伝えていても、モデルってのは本当のことだから、女の子はもう信じきっていて、目はもううっとりだったよね。

しかも二人とも。

俺のことなんて見てないわけ。

何分かした後、そいつは一方の子と個別で飲みに言った

俺に何も言わずに。

完全にダシにつかわれた。

一方の子に打診しても結果は残酷だった

俺「ね、ライン交換しようよ」

女「えー、やだ、あなたに興味ない」

死にたかった

自分がなんの価値もないゴミみたいな男として存在しているかのようだった。

悔しい。

悔しい。

悔しい。

だが、これでよかった

f:id:sirakaba3618:20190121234019j:plain

俺に嘘をついていたあいつを最初は憎んだ。

しかし、ある一つのことも教わることができた

人は見た目が9割。

この事実だけだ。

人は見た目がわるいと、興味を持たれず、嫌われ、キモがられ、いじめられて、ゴミのように扱われる。

もういいだろ。

もうこんな人生いやだよ。

俺は生還する。

この地獄のような人生から。

そして普通の人生を手に入れる。

俺のような普通以下の人間は行動しかない、

そのためには狂ったりするくらいの行動力が必要だ。

食事制限、筋トレ、メンズメイク、会話力、その他諸々

まだまだ俺に足りないものはたくさんある。

これから絶対に成果を出してみせる。

2/19に生まれ変わる。

もう決めた。

寝る

bad end

奇跡も魔法もあるんだよ(TSUTAYAにも)

俺気になっているところあるんだけど、行く?

行きたいです!楽しみです〜

すいません、こういうこと慣れてなくて…

ーーー

その日は人生で初めてバンゲしてデートのアポが取れた

それまではテンパさん達と昼からの10時間コースをナンパで費やしていた

声かけok、和みok、しかしなかなかバンゲor連れ出しができない

無論スト値云々の理由でもあると思うが、かけているものはまだまだ僕らにはあった。

ストで8時間程経過した頃僕らはTSUTAYAに行くことになった。俺が延滞料金のモアナを返したかったからだ

ーーーー

延滞料金の1,500円を払い、モアナを返した後あと本レンタルコーナーに行った。

この時の俺はストで結果が出なくてもうヤケだった。

なんと、立ち読みをしている子に声をかけたのだ。

しかしこれがヒット

いい感じに和み、バンゲにまで至った後すぐにアポまで漕ぎ着けた。

次会うのは27日。楽しみだ

ーーー

この日は同じクラスタの方から教えてもらったバーに行くことになった。

会話はスムーズにいった、つもりだった。

しかし、相手はなんと年齢イコールの処女だったのだ。

うそ、こんな可愛いのに、と思っちゃった

テンパさんに教えてもらったnoteには処女崩しのエッセンスも書いてあったが、まさか処女だと思ってなかったのでそこは読み飛ばしてしまっていたので、心がここあたりで揺らいだのはいうまでもない。

まぁ、ボディタッチもそこそこいいので俺は最後の勝負に出た。

しかしこれは空振りに終わった

チューすら初めてだったらしく、後から聞いたらあまり嬉しくないとのことだった

気まずい雰囲気のなか僕らはすぐに店を出た

こんなんじゃうまい酒も美味しく飲めないからだ

ーーー

今日はありがとうございました。

また会えるかわからないけど、会えたら会いましょう

そうラインが来た後、彼女とは会話していない

f:id:sirakaba3618:20181228204100p:plain

やっちまった。

今回の自分の反省点はひとつ

即にこだわりすぎたこと。

でも考えてみれば最悪だ。

相手がその気にもなっていないのにキスまで持っていくなんて。

ナンパというものはいかにお互いの信頼度を深めて行ったりが大事なのに俺は性欲への信頼度を深めただけだったからだ。

そりゃあうまくいかない。

反省。

bad end

初心を忘れずに人生を歩む

お前何回言われたらわかんの?めんどくせえやつだな、死ねよ

あー拾わなくていいよ、汚い

あんなやつ絶対無理だろ

すごいね!勉強教えて欲しい!

優しいね、付き合って欲しい

もう君には勝てる気がしないわ笑

お前は我が校の誇りだ

-これは俺の俺による人生逆転物語だ

(フェイクなしの全てモノホン)

ーーーー

札幌から田舎の小学校に転校した。

緑が多く、空気も澄んでてて水も美味しい。

まさか自分が転校生の身分になるとは思っていなかったので自分自身特別感が湧いていた

新しい学校が始まるのは二週間後。

楽しみだ。

しかし、美しい自然を堪能しているとき、これから悪夢が始まろうとしていたのはまだこの時気づかなかった

例えるのならラーメン二郎初めて食べて、その美味さに感動したと思えば後半まさかの悪夢を見る、まさにそんな感じだ

新学期早々、皆んなとは仲間になれなかった。 俺がADHDで変なやつだったっていうのもあるし、田舎者特有の特異な人間を受け入れないという性質なのだろうか。

担任の先生も助けてくれなかった。

助けてくれないのはいい。

ただ、悪いことを全て俺のせいにするのは我慢ならなかった。

クラスの中に必ずいる悪ガキとかいるでしょ

そいつらが俺に嫌がらせをしてきて喧嘩したときも全部俺のせいにされたし。

俺の自身の要領の悪さ、頭の悪さ、容姿の悪さ、等々先生はどっちの味方をするかというと悪ガキのほうだった。

※悪ガキはもう結婚していて、子供もいる

そして卒業の年を迎えた

中学への進学だ。よし、おれはここから新しい学生生活をデビューするんだ。

しかしだめだった。

なぜなら同級生がすべて小学校の連中と同じだったからだ。

小学校のときからの憂鬱は中学まで続いたのだ。

しかも、中学は小学のときよりももっとひどかった。

それは学年順位の存在だった。

学年順位があれば自然と格付けが済み、さらにバカにされた。

おれの中学は学年上位は貴族、それ以下はヤンキー以外の俺みたいなインキャは奴隷と呼ばれるシステムがあった

しかしその奴隷だった俺がテストで赤点連発する理由は努力不足以前に、定期テストがいつ行われてるかわかっていないという状況だったからだ。

え、なんで皆んないきなり勉強してるの?

え、なにこの答案?

あ、これがテストってやつか

ひどすぎる。

今から考えても自分はひどかったと思う。

ちなみに95人中89位だった

ーーー

この時から鬱病を発症し始める。

朝起きられない、なにをするのにも憂鬱、やることを先延ばしにする(ADHDの特徴)、等々

悔しかった。

なんで俺はこんなにバカでみんなから見下されて苦しんでるんだ。

でも転機が舞い降りた。

初めて友達ができた。

それも只の友達じゃない。そいつは学年1位の神だった。(ランクの高い高校に行ったあと国立大学の法学部にいくほどの秀才)

特に勉強を教えてもらったわけでもない。

ふつうに一緒遊んだりしただけだったけど、それだけで幸せだった

自分のような人間と対等に接してくれるのが彼が初めてだったからだ。

するとふと思った。

-こいつはなんでこんな優しいんだ?

-俺もこうなりたい。

-勉強で順位が上がればみんなにバカにされないんじゃないか?

そう考えた俺は行動した。

その頃は中学二年生。

小学校の算数からやり直すために教科書を引っ張ってきた

簡単な問題を解いて行くうちに自分のリズムをつかんでいく。あれ?けっこう勉強って面白いな。

どうしてもわからない問題は休み時間に先生に聞きに行った

それが日課になって周りにも目立つようになった

すると、聞こえてくる聞こえてくる

あいつ絶対できるようになんねえだろ

しかも本人に聞こえるようにね。

思うのはいい。ただ声に出しちまったら戦争だろうが。

ーーーー

中学2年秋。僕の努力は実り始めた

学年順位は89位→40位

そして中学3年生では最高で9位までのし上がる (それ以上は北大、商大レベルのところへ行ったらしい)

すると、どうだろう。周りの見る目が変わったんだ。

すごいな!

頑張ってたもんな

勉強教えてくれ!

今まで話しかけられることなどなかった。

女の子とも話したこともなかったが、この時人生初めてのステージに俺はいた。

そして、地元の高校進学へと進学

※中学2年の後半まで成績が悪かったため、ランクが足りず、行きたいところに行けなかった

偏差値は40くらいの高校。

でも俺は肩の力を抜くことはせず、学年では常に2位をキープした。

在学中に英語検定を取得したりと、先生方からのサポート受けることができたので充実した高校生活だったと思う。

そして高校三年の春、ついに第一志望大へと合格することができた。

俺の高校は偏差値40のバカ高故に、大学進学率が低く、指定校推薦が多かった。

その中で歴代唯一俺だけが一般入試試験を 一発で成果を出した

すごいね!勉強教えて欲しい!

優しいね、付き合って欲しい

もう君には勝てる気がしないわ笑

お前は我が校の誇りだ

高校最後に嫌いだった担任から誇りと言われた時は歓喜のあまりアドレナリンがドバドバでていた。

ーーーー

今は俺は大学生だ。

大学へは6年通い、その経過では落ち込むこともあったし、楽しいこともたくさんあった

あのとき頑張ってよかった

今でも心からそう思える。

ここまで見てくれてありがとう

end

微笑みの国は俺にも微笑んだ 〜北海道はやはり寒い

寂しくて一人で来てるの…

楽しい!一緒におどろ!

夜の散歩?うーんいいよ

最初なんだからしないよ…

日本人とするの初めて…笑

ーーーーー

その日は友達と二人でk箱に入場した

f:id:sirakaba3618:20181209070104j:plain

入場時間が21時頃だったのであまり混んでなかったが、お、混んで来た混んで来た

友達はシラフじゃ無理ということなので、コークハイをがぶ飲みした(俺はシラフじゃないと逆に無理)

友達のモードも上がって来たことだし最初に二人組みに声をかけた

部屋に移動して和んで盛り上がったがどこかイマイチな感じがした。連絡先も後でわかったけど死番してたし笑

あーあ金もったいね

そう思いながらメインホールに戻った

友達がターゲットlock-onした子に声をかけた、が、どうやら日本じゃなくてアジア系らしかったので諦めたらしい

しかし、アジア系は4日前に制覇(笑)してる僕にはむしろ腕の見せ所だった

俺「you from korea?」

女の子「no no thailand !」

結構可愛かった

わるいな、友達

彼女は日本で働いているらしく、日本語少しと時々英語でのコミュニケーションをした

結構ノリが良く、日本のじゃんけんを知らなかったので、俺が負けたら一気飲み、彼女が負けたらチューをする約束した

結果俺が連勝し、キスをすることになった

そのときはついじゃんけんの神様を信じちゃったね

彼女は恥ずかしいといい、最初はぐだった感じがしたが、舌キスをした

しかも人生初の飴渡しディープキス

これにはさすがに勃起した

ーーーー

-上の方で少し休んでから夜の散歩いこうか

途中上の階のベンチでイチャイチャしていたら20代のクソガキ二人にアモッグ気味の邪魔が入ったが、とりあえず回避。

そして外へ出る。

タイっ子「えーどこいくのー笑帰るー笑」

そういいながらも手をつないでいるときも指を絡ませてくる

彼女の手を引き俺はラブホを探す。

ラブホ探しの醍醐味はいかに空き部屋を探し当てるかだ。

そしてビンゴ。一部屋空いてた。

部屋に入ると彼女を後ろから抱きしめる。

帰る帰るといいながらも服を脱がすのに抵抗なくすんなりいく。

ー 初めて(会ったばかりだから)だからしないよ…

そういいつつも僕は彼女の服に頭を突っ込み、ブラのホックを外し乳房を舐め回す。

彼女もスイッチが入ったようだ。

ーーーー

彼女は明日仕事で早いそうなので帰りはタクシーまで送っていった

ー 今日はありがとう、また会いたい

f:id:sirakaba3618:20181209070222p:plain

お互い最後にキスをして彼女はタクシーで帰った

僕は一人残された後すすきのの冷えた空気をすいながらひたすらだらだらと歩く

空気が美味しい。充実した疲れだ。

最後にココイチで4辛カレーを食べた。

ちょうど良い辛さだ。

今日もいい思いできたよ。

ありがとう

〜welcome to Hokkaido〜 韓国の親日はワシが育てた(エロなし)

ちゅーしよ?

私達、まだ付き合ってないし…

ほっぺにちゅー

ーーーー

この日は大学おわりにテンパさんと合流することになった

お昼からのオープン率が高いということで札駅のいつもの所で待ち合わせをした

テンパさんとは今年の8月あたりにあったので4ヶ月ぶりの再会だ

フォルトゥーナとも最近会話がないし、ワクワクの筋トレ女性ともあまり接点がなくなって来たような感じがしたので、今日のナンパではひと旗あげたい。

そんな思いで、俺たちは繰り出した

ーーーーー

13時から俺らは行動して、気がついたら18時になっていた。

トータル声かけは8

少し疲れたのでラーメンを食って充電完了

この時ぶっちゃけもう帰りたかった

成果の出ないナンパほどたのしくないものはないからな(楽しいのはテンパさんと会話してたり)

声かけするも、JK(18歳以下)はアウトだし、ガンシカはそもそも話にならないし、俺たちは藁をも掴む思いで行動していた

寒い、きつい、疲れた

しかし、エピソードはここから始まったのだ

僕は冷えた空気の中でタバコを吸いながら夜空を見上げてる時に一人の女性を見かけた。

ーすいません、ちょっとあの子行って来ます

テンパさん「good luck」

テンパさんに一声添え、僕は踵をあげた

俺「すいません、この辺り詳しいですか?迷っちゃって…」

女「what's up!? me?!」

いけね、日本人ちゃう

ま、いっかテキトーに会話しよ

俺「you from china or hongkong or koria?」

女「koria」

げげ、よくみたらかわいいぞ、もうちと会話しよ

俺「you trip? is it cold in Hokkaido ,isn't it?」

女「yes.experienced first trip ,Im very cold.あ、少し日本語喋れます笑」

最初からいえ

でもけっこう感触は良かった

というわけで観光案内という名目で、少し話した後バーに行くことにした。すんなり付いて来てくれたし

入店入店

その後はいつものペースで会話を進めたので難なくつぎのステージに進めた

二人ともお酒がよく入り、店を出るときは手を繋いでいた

このまま個室にご案内のはずだった

しかしね、計画は狂った

コリアン娘「テレビ塔、行きたいです」

あぁ?!んなもん、いきたくねえよ

でも行きたいって行ってるし、連れてくか

昔付き合った彼女にもテレビ塔の上でクリティカルヒットさせたし、悪くはない。人がいなければだけど。

しかしね、これが混んでる混んでる。

全てぶち壊し。人いる前じゃチューの一つもできないといったらありゃしない

お前ら全員テレビ塔から降りろや

心からそう思った

ーーーーー

テレビ塔から降りた後、彼女の酔いも完全に冷めたようだ。

手を繋ごうとしても繋いでくれない。

完全に空振りやんけ(この時点でぐしょ濡れだった僕のパンツはなんだか切なかった)

でもテレビ塔は楽しんでくれたようだ。これもこれで良かったのかな

コリアン娘「カラオケ行きたい」

僕はもう完全に彼女の案内役のお兄さんになっていた

カラオケでは完全にナンパのことは忘れてカラオケを楽しんだ。

彼女は日本のことが好きで日本の曲も歌っていたし、悪いムードではなかったようだ

プルルルル

終了の電話がきた

チューくらい最後はしたいから頼んだら、キスはだめだと言われたが、ほっぺにだけさせてくれた。それ以外はなし

コリアン「しつこくない人、嫌いじゃない」

もういいやこれで

最後は彼女をホテルまで送る。

コリアン「今日すごく楽しかった!」

f:id:sirakaba3618:20181204232556p:plain

ホテルまで直行!…とまではならなかったが、最後まで感触はよかった

タバコもくれたし

f:id:sirakaba3618:20181204232616j:plain

日本に来た時また会ってくれる約束もした

今日もいい思いできたよ

ありがとう

happy end?

刃牙のキャラクターは花山薫が一番好き

全然いい彼氏ができない…

ふーん、どんな人が好きなの?

優しい人かな

ーーーー

彼女とはマッチングアプリで出会った28歳の方だった。

少し歳上だったが、彼女はスポーツ関係の仕事をしているためよく筋トレをし、体は引き締まっていた

しかしADHDの弊害なのかまったく名前が覚えられない(間違ってフォルトゥーナの名前を出してしまったことが二度)

そこで僕はメモリーツリー作戦を実行した

モリーツリーとは暗記方法の一つで、絵や語呂などの派生でどんどん記憶していく術だ

彼女はかおるという名前だったので、名前を呼ぶときは花山薫を想像した

f:id:sirakaba3618:20181203190917j:plain

※実物はこんなごっつくありません

彼女とは楽しく食事を済まし、その日は一夜をすごした。

前述の通り、彼女の体は筋トレで閉まりきっていて、149cmのなかなかの美貌である。デメリットとしては口が小さいことくらいだった

二人でレディプレイヤーワンを見てその日は寝た。

ホテルを出る。朝日が気持ちいい。

彼女を送った後、一円パチンコで暇を潰していたらすぐにラインがきた

会えてよかった

この一言が僕の生きがいだ

f:id:sirakaba3618:20181203190947p:plain

その1時間後にフォルトゥーナとカフェして今日は終わり

いい一日だったよ

happy end