ホワイトプランでいこう

モテたいやつだけ来い。俺をジャンプ台として使え

i'm not lonely but where am I going to go?

今日もありがとう

私、一緒懸命◯◯くんのためにがんばる

好きだからまたラインして

また遊びに行っていい?

ーーーー

年号が変わると共に人生ではじめての一人暮らしがスタートした。

今まで家に帰れば、家族がいて、犬もいて飯も勝手にでてくる、そんな生活が6年続いたが、今じゃ一人。

一人暮らしというのは案外寂しく、一人だけのこの空間もなんだか無駄に広く感じる。

友達もなかなか来れず、一人でユーチューブを見ながら飯を食う時間、それが続く。

しかし、唯一の人間と部屋を一緒にできる時間がある。

それは、あゆの存在だった。

彼女とは出会い系で知りあった。

顔もまったく普通で、性格も悪くない。

それどころか、めしを作り来てくれたりお金も出してくれて、なおかつ洗濯掃除などあらゆる生活の支えとなってくれる。

f:id:sirakaba3618:20190408005103j:plain

今までの歴代彼女と違うのはあれだ、さばさばしてないし、好意がストレートなところだ

今日もありがとう

私、一緒懸命◯◯くんのためにがんばる

好きだからまたラインして

また遊びに行っていい?

f:id:sirakaba3618:20190408005435j:plain

彼女には欠点がなかった。

まさに理想の彼女だ。

しかし…

あろうことか、俺はまったくときめかなくなってしまった。

最初のあの心が躍る感情はどこへいってしまったのか。

-俺はあるひとつのことを悟ってしまった。

それは、追いかける恋愛こそが俺の生き方だったのだ。

女性を追いかけて、振り向いてもらうためにあらゆる努力をする。

そんな生き方こそが俺だったのだ。

それが今じゃ逆に今は追いかけられる方になっている。

追いかけられるというよりも向こうから好意を寄せられている状態だ。

なんだ、結構なことじゃないか。

そう思う。そして周りの人間も。

しかし、満ちないんだ、心が。

俺はイケメンでも何でもない凡夫だし、そんなことを思うこと自体が贅沢なのだ。

しかし、心がみちない。

例えるなら、ラーメン二郎でトッピングの生卵とタマチの二つは欠かせないが二つ抜きでラーメンだけを食す。

一見、ラーメン二郎を食べられてハッピーエンドに見えるがジロリアンからすればトッピングなしの二郎はなんだか物足りず、心が満ちないのだ。

ーーー

彼女と一晩共にし、翌日玄関先で別れを告げる。

そして、やっと帰ったか、、、と思う自分がいる。

世の中には女性に貢がせ、自分は一切働かないという男のことをヒモという。

まさに自分がそれだ。

生活の保障を無償でやってくれる、有難い存在、それが彼女。

しかし、彼女のことはもう好きではないし、他の女の子とやりとりしたりデートにしに行ったりする自分がいる。

これが案外、罪悪感が恐ろしいくらいに湧き上がってこない。

申し訳ない気持ちはたぶん、ない。

end

愛と勇気とかしわもち

最近寂しくて…

今週土曜会お!

好きです。また会いましょう

ーーー

大学は留年が決まり、新しい生活に向けて俺は準備していた。

しかしながら人生というのは不安だらけだ。

何があるかわからないし、自分に自信ももてずにこれから生きていけるのだろうか?

しかしそれでも希望はある。

それは恋愛だ。好きな人がいれば頑張れる。

愛こそ正義だ。

そう思っていた。

久しぶりに出会い系で会うことになった。

お互い顔を知った上で会った。

正直タイプの女性ではなかったが、話も合うしとりあえずいいのかなって。

ーーー

ー好きです。

相手からそう告げられる。

正直嬉しくなかった。

俺は思った。やはり顔は大事なんだって。

なんで俺が好きな女性は振り向いてくれたりしないのに興味ない女の人は俺に好意を向けるのか。

なんだか肩の荷が重くなった気がした。

でもとりあえず連絡は取り合い、ちょくちょく会うくらいの仲にはなった。彼女はそれでいいらしい。

俺もまだまだ恋愛に関しては技量不足なので、いざってときにまた会う感じでもいいし

しかし、なんだろうこの感覚。

好きでもない相手から好意を寄せられるこの心にのしかかってくるモノ。

いつか彼女に堂々と別れを切り出すために俺はひたすらダイエットしよう。

別れを持ち出すというのはやはり勇気がいるのだ。

そう思いながらかしわもちを口に含むのだった。

not bad end

スト値>トーク

久しぶりのストリート

久しぶりのこの空間

そして久しぶりのバンゲ

そして、やってくる。あの絶望。

ーーー

ジョギング1時間、スクワット、ベンチプレス、etc

事務所所属のモデルにバカにされたときからスト値に関して俺は意識するようになった

最初サボり気味だったが、仲のいいクラスタから指導を受け、そこそこやった結果、体重マイナス3キロ。

なにより手に入れられたものは運動や食事管理に関しての良い習慣が身につけられたという自信だった

久しぶりに相棒とナンパに行くことになった

ジョギングを欠かさず、服装も整え、神社にも行った。

f:id:sirakaba3618:20190309021123j:plain

今日こそいける。

4時間の短時間での勝負だが、相棒と、そして進化したこの俺ならいける。

昔の俺とはもう違うんだ。

最初はトークが続かないなどあったが、試行を重ねて行くに連れて前の勘を取り戻して行った。

そして、12声かけ目(たぶん)

壁際に横たわっていた二人組がいた。

これがヒット。相棒のナイスフォローもあり、ラインを交換した。

たぶん15分は話していたと思う。向こうはこちらに興味をもっている。

そう思っていた。

俺らナンパ師にはある儀式が存在する。

それはラインを交換した直後にブロックされてないか確認するために壁紙をプレゼントする壁紙チェックだ。

相棒はok

俺は…ダメだった

それが発覚したのは駅から降りてバイクに乗る前だった。

f:id:sirakaba3618:20190309021648p:plain

※その時点では相棒はブロックされていなかった

ゆうまでもないが、もう一人もダメだった

f:id:sirakaba3618:20190309021220p:plain

ーーー

ナンパや恋愛は顔で刺せないと意味がない。

モデルのやつが言っていた言葉だ。

これは本当だった。

外見で優れていないと意味がない。

そして今回の一番の反省は自分のスト値向上の鍛錬はまだまだ足りないということ。

ていうか、甘い。ベロンベロンに甘い

ふざけるな。

なにが、今日の俺はいける、だ。

見返してやる。

大学のミスターコンにでるくらいにまで身体を搾り尽くしてやる。

そして女共にわからせてやるんだ。

俺の正しさを。

bad end

モアナとマウイはいい夫婦

旦那が出張だからさびしくて…

お腹いっぱい、カラオケいこうか

ありがとう、また会いたい

ーーー

ストリート(ナンパ)で知り合った女性の方とランチに行くことになった

人妻だが、お互い相性がよく話があい、ちょうど昼時だったのでランチにいくことになった

どこいく?

あ、俺いいとこ知ってるよ

そこ知ってる!!笑

彼女の旦那は出張中らしい。

小学生の娘がいるらしいが、やはり恋愛は人妻であったとしてもしたいのだ。

−旦那とはうまくいってないの。

彼女は体が弱く、だからといって旦那はあまりなにもしてくれないらしい。

旦那とは普段の会話もあまりなくなり、出張が決まったときは嬉しかったと思うほどだったらしい

ランチで決めたお店に到着した後は、よく会話が和んだ。

そしていつものパターンに持ち込む。

そしてデザートが出てきた頃に俺から提案をする。

カラオケ、いこっか

彼女も快くokしてくれ、店を出た後はお互い手を繋ぎながらカラオケへと向かう。

カラオケの暗い部屋で大人が二人。

彼女はIカップの持ち主(それくらいbig)だったので、ブラを外すのが手間取った

俺「おいおい、これのロック解除できねーや、場所の問題かな?」

妻「もう笑」

1時間もしないうちに僕らはカラオケを出て、場所を変えたところで二人ゴールした

その日はこの後俺の病院の受診のスケジュールがあったので彼女とはバイバイした

ラインがくる

今日出会えてよかった

また会える?

無論だ。

また会おう。

happy end

f:id:sirakaba3618:20190131215626j:plain

ー私、風俗嬢じゃない

彼女とは2回目のデートはネットカフェで映画をみることになった

俺は過去にもう何度も口実で使ったモアナを事前に借りておいた。

※モアナはアポを成功させる不思議な力がある、はずだった

俺はこしょこしょ声で伝える

「ね、静かにしながらしようよ」

俺はその日会うまでオナキンスカイウォーカーとなっていたので、肌と肌をふれあいたかった

だめだよ、ネカフェなんかでしたくない

じゃあさ、口でしてよ。

…私風俗嬢じゃない。

結局俺のお願いを聞いてくれてしてくれた。

ふぅ、じゃ、モアナ見ようか

何度も見てきたがやはりモアナは面白い

けど、彼女ちょこちょこ見ていたが、なんだかそっけなかった

ーーー

俺「今日モアナ面白かったね!初めて観たけどおもろかったわ〜」

妻「うん…」

彼女とは別れた

しかし、前みたいにラインがこない。てか、遅い。

ー 旦那が帰ってきた

もう会えないのかな?

俺はそう問う。しかしもうラインがこない。

後から確認したらブロックされていた。

バカだった

彼女だってれっきとした感情を持った人間だ。

自分ひとりの勝手な欲で相手を振り回した結果、最悪の結末を迎えた

俺は今まで今より非モテだったころは女性たちにひどい振る舞いをされた。

その時自分はどう感じただろう?

答えなんて決まっている。

俺は自分が今まで学んだことを一切忘れてしまっていたのだ。

申し訳ない、本当に可哀想なことをした

旦那さんとは幸せになってほしい。

心の中で俺のことは悪者として扱っていい。

ただ、本当に申し訳ない。

bad end

見た目の重要性と今後の課題

僕って今まで彼女いなかったんですよねー

やっぱ大学でミスると出会いってなかなかw

→芸能事務所所属のファッションモデルであるのが発覚し、その後女の子と闇に消えていった

そして俺は一人でネカフェとデートした

ーーー

最悪だった

とても最悪だった

その日ほど自分を強く呪った日はなかった

それは外見だ。

171cm 75kg 団子鼻 涙袋アンド二重なし

体型はだらしなく、はっきりいって最低のスペックだ

でも希望はあった

それは話す力、コミュニケーション能力アンドノンバーバルコミュニケーションである。

会話力やノンバーバルコミュニケーションには多少の自信があった。

でもあの日で全て打ち砕かれた。

ーー

紹介で新しい人とナンパに行くことになった

はっきりいって第一印象はかなりのイケメンだった。

しかし、彼自身出会いがなく、会話もできないと本人から伝えられた俺はできる限りの応援をしてあげたかった

自分は外見はよくないが、話したり、どう反応したりとそこそこ会話はできてる方だとその時までは思っていたからだ。

でも事件は起きた

二人でクラブに行き、女子大生二人に声をかけ、四人で話すことになった

でもね、彼は目をつけた子にある自己開示したわけよ。

俺、○○のファッションモデルなんだ

びっくりしたね。

何がびっくりしたって、そいつがモデルってのもそうだけど、俺に事前に教えてくれた情報全てデタラメだったわけ。

名前も大学も偽物だったし、自分が会話ができないって言ってたのにもうめちゃくちゃトーク力あって、隣の俺なんてゴミカス同然だったわけ。

いや、お前なにしにきたんだよ

でもね、嘘で塗り固められた情報伝えていても、モデルってのは本当のことだから、女の子はもう信じきっていて、目はもううっとりだったよね。

しかも二人とも。

俺のことなんて見てないわけ。

何分かした後、そいつは一方の子と個別で飲みに言った

俺に何も言わずに。

完全にダシにつかわれた。

一方の子に打診しても結果は残酷だった

俺「ね、ライン交換しようよ」

女「えー、やだ、あなたに興味ない」

死にたかった

自分がなんの価値もないゴミみたいな男として存在しているかのようだった。

悔しい。

悔しい。

悔しい。

だが、これでよかった

f:id:sirakaba3618:20190121234019j:plain

俺に嘘をついていたあいつを最初は憎んだ。

しかし、ある一つのことも教わることができた

人は見た目が9割。

この事実だけだ。

人は見た目がわるいと、興味を持たれず、嫌われ、キモがられ、いじめられて、ゴミのように扱われる。

もういいだろ。

もうこんな人生いやだよ。

俺は生還する。

この地獄のような人生から。

そして普通の人生を手に入れる。

俺のような普通以下の人間は行動しかない、

そのためには狂ったりするくらいの行動力が必要だ。

食事制限、筋トレ、メンズメイク、会話力、その他諸々

まだまだ俺に足りないものはたくさんある。

これから絶対に成果を出してみせる。

2/19に生まれ変わる。

もう決めた。

寝る

bad end

奇跡も魔法もあるんだよ(TSUTAYAにも)

俺気になっているところあるんだけど、行く?

行きたいです!楽しみです〜

すいません、こういうこと慣れてなくて…

ーーー

その日は人生で初めてバンゲしてデートのアポが取れた

それまではテンパさん達と昼からの10時間コースをナンパで費やしていた

声かけok、和みok、しかしなかなかバンゲor連れ出しができない

無論スト値云々の理由でもあると思うが、かけているものはまだまだ僕らにはあった。

ストで8時間程経過した頃僕らはTSUTAYAに行くことになった。俺が延滞料金のモアナを返したかったからだ

ーーーー

延滞料金の1,500円を払い、モアナを返した後あと本レンタルコーナーに行った。

この時の俺はストで結果が出なくてもうヤケだった。

なんと、立ち読みをしている子に声をかけたのだ。

しかしこれがヒット

いい感じに和み、バンゲにまで至った後すぐにアポまで漕ぎ着けた。

次会うのは27日。楽しみだ

ーーー

この日は同じクラスタの方から教えてもらったバーに行くことになった。

会話はスムーズにいった、つもりだった。

しかし、相手はなんと年齢イコールの処女だったのだ。

うそ、こんな可愛いのに、と思っちゃった

テンパさんに教えてもらったnoteには処女崩しのエッセンスも書いてあったが、まさか処女だと思ってなかったのでそこは読み飛ばしてしまっていたので、心がここあたりで揺らいだのはいうまでもない。

まぁ、ボディタッチもそこそこいいので俺は最後の勝負に出た。

しかしこれは空振りに終わった

チューすら初めてだったらしく、後から聞いたらあまり嬉しくないとのことだった

気まずい雰囲気のなか僕らはすぐに店を出た

こんなんじゃうまい酒も美味しく飲めないからだ

ーーー

今日はありがとうございました。

また会えるかわからないけど、会えたら会いましょう

そうラインが来た後、彼女とは会話していない

f:id:sirakaba3618:20181228204100p:plain

やっちまった。

今回の自分の反省点はひとつ

即にこだわりすぎたこと。

でも考えてみれば最悪だ。

相手がその気にもなっていないのにキスまで持っていくなんて。

ナンパというものはいかにお互いの信頼度を深めて行ったりが大事なのに俺は性欲への信頼度を深めただけだったからだ。

そりゃあうまくいかない。

反省。

bad end

初心を忘れずに人生を歩む

お前何回言われたらわかんの?めんどくせえやつだな、死ねよ

あー拾わなくていいよ、汚い

あんなやつ絶対無理だろ

すごいね!勉強教えて欲しい!

優しいね、付き合って欲しい

もう君には勝てる気がしないわ笑

お前は我が校の誇りだ

-これは俺の俺による人生逆転物語だ

(フェイクなしの全てモノホン)

ーーーー

札幌から田舎の小学校に転校した。

緑が多く、空気も澄んでてて水も美味しい。

まさか自分が転校生の身分になるとは思っていなかったので自分自身特別感が湧いていた

新しい学校が始まるのは二週間後。

楽しみだ。

しかし、美しい自然を堪能しているとき、これから悪夢が始まろうとしていたのはまだこの時気づかなかった

例えるのならラーメン二郎初めて食べて、その美味さに感動したと思えば後半まさかの悪夢を見る、まさにそんな感じだ

新学期早々、皆んなとは仲間になれなかった。 俺がADHDで変なやつだったっていうのもあるし、田舎者特有の特異な人間を受け入れないという性質なのだろうか。

担任の先生も助けてくれなかった。

助けてくれないのはいい。

ただ、悪いことを全て俺のせいにするのは我慢ならなかった。

クラスの中に必ずいる悪ガキとかいるでしょ

そいつらが俺に嫌がらせをしてきて喧嘩したときも全部俺のせいにされたし。

俺の自身の要領の悪さ、頭の悪さ、容姿の悪さ、等々先生はどっちの味方をするかというと悪ガキのほうだった。

※悪ガキはもう結婚していて、子供もいる

そして卒業の年を迎えた

中学への進学だ。よし、おれはここから新しい学生生活をデビューするんだ。

しかしだめだった。

なぜなら同級生がすべて小学校の連中と同じだったからだ。

小学校のときからの憂鬱は中学まで続いたのだ。

しかも、中学は小学のときよりももっとひどかった。

それは学年順位の存在だった。

学年順位があれば自然と格付けが済み、さらにバカにされた。

おれの中学は学年上位は貴族、それ以下はヤンキー以外の俺みたいなインキャは奴隷と呼ばれるシステムがあった

しかしその奴隷だった俺がテストで赤点連発する理由は努力不足以前に、定期テストがいつ行われてるかわかっていないという状況だったからだ。

え、なんで皆んないきなり勉強してるの?

え、なにこの答案?

あ、これがテストってやつか

ひどすぎる。

今から考えても自分はひどかったと思う。

ちなみに95人中89位だった

ーーー

この時から鬱病を発症し始める。

朝起きられない、なにをするのにも憂鬱、やることを先延ばしにする(ADHDの特徴)、等々

悔しかった。

なんで俺はこんなにバカでみんなから見下されて苦しんでるんだ。

でも転機が舞い降りた。

初めて友達ができた。

それも只の友達じゃない。そいつは学年1位の神だった。(ランクの高い高校に行ったあと国立大学の法学部にいくほどの秀才)

特に勉強を教えてもらったわけでもない。

ふつうに一緒遊んだりしただけだったけど、それだけで幸せだった

自分のような人間と対等に接してくれるのが彼が初めてだったからだ。

するとふと思った。

-こいつはなんでこんな優しいんだ?

-俺もこうなりたい。

-勉強で順位が上がればみんなにバカにされないんじゃないか?

そう考えた俺は行動した。

その頃は中学二年生。

小学校の算数からやり直すために教科書を引っ張ってきた

簡単な問題を解いて行くうちに自分のリズムをつかんでいく。あれ?けっこう勉強って面白いな。

どうしてもわからない問題は休み時間に先生に聞きに行った

それが日課になって周りにも目立つようになった

すると、聞こえてくる聞こえてくる

あいつ絶対できるようになんねえだろ

しかも本人に聞こえるようにね。

思うのはいい。ただ声に出しちまったら戦争だろうが。

ーーーー

中学2年秋。僕の努力は実り始めた

学年順位は89位→40位

そして中学3年生では最高で9位までのし上がる (それ以上は北大、商大レベルのところへ行ったらしい)

すると、どうだろう。周りの見る目が変わったんだ。

すごいな!

頑張ってたもんな

勉強教えてくれ!

今まで話しかけられることなどなかった。

女の子とも話したこともなかったが、この時人生初めてのステージに俺はいた。

そして、地元の高校進学へと進学

※中学2年の後半まで成績が悪かったため、ランクが足りず、行きたいところに行けなかった

偏差値は40くらいの高校。

でも俺は肩の力を抜くことはせず、学年では常に2位をキープした。

在学中に英語検定を取得したりと、先生方からのサポート受けることができたので充実した高校生活だったと思う。

そして高校三年の春、ついに第一志望大へと合格することができた。

俺の高校は偏差値40のバカ高故に、大学進学率が低く、指定校推薦が多かった。

その中で歴代唯一俺だけが一般入試試験を 一発で成果を出した

すごいね!勉強教えて欲しい!

優しいね、付き合って欲しい

もう君には勝てる気がしないわ笑

お前は我が校の誇りだ

高校最後に嫌いだった担任から誇りと言われた時は歓喜のあまりアドレナリンがドバドバでていた。

ーーーー

今は俺は大学生だ。

大学へは6年通い、その経過では落ち込むこともあったし、楽しいこともたくさんあった

あのとき頑張ってよかった

今でも心からそう思える。

ここまで見てくれてありがとう

end